子供が「呼吸が苦しい」と訴えたとき|どこでもドクター

ヒッポくん
時計

当サイトは医師法・医療法に準拠しています

緊急性のチェック中

お子さんが「息が苦しい、呼吸が苦しい」と訴えたとき、大事なのは息を吸うときに苦しいのか、それとも吐くときに苦しいのかを区別することです。

ここでは病気をこの二つに分けてみていきます。

喘鳴とは「ぜいぜい」というような音のする息のことです。吸った空気が気道の狭窄部位を通過するときに出る音や狭窄部位の内壁が振動する音であるといわれています。

また、急に呼吸が苦しくなったのかどうかということも非常に大切です。急に起きた場合は気道異物の可能性もあります。乳幼児は何でも口に入れてしまうので、物がのどに詰まって窒息してしまうことがあります。

ここでは小児科外来で遭遇することがある以下の病気について見ていきましょう。緊急に治療が必要なものもあるので注意が必要です。

息を吸うときに喘鳴が出るもの

息を吸うときの喘鳴、吸気時喘鳴を起こす代表的な病気は、ウイルス性クループ、急性喉頭蓋炎、気道異物、そして先天性の喉頭軟化症です。

クループ症候群

クループ症候群は、特徴的な咳と、息を吸った時の喘鳴、かすれ声などの症状を呈する病気の総称です。

クループ症候群の中で最も多いのがウイルス性クループです。3歳以下の乳幼児に起こりやすく、独特の症状がみられます。

ウイルス性クループ

1.原因

パラインフルエンザウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、RSウイルス、エンテロウイルスなどの感染が原因であると考えられています。

2.症状

2日前後の風邪のような症状の後でゆっくりと発症します。声門や声門下部の狭窄が起こり、クウォクウォとオットセイが鳴くような咳(医学的には犬がケンケンと鳴く犬吠様咳嗽といいます)、息を吸った時の喘鳴、かすれ声などの症状を呈します。

声門下部は、乳幼児では正常時でも狭いところなので、炎症によってむくみが生じると容易に狭窄してしまいます。

3.検査

画像診断は首のレントゲン写真で行います。気道が正面像でペンシル様、またはワインボトル様になります。また側面像では下咽頭腔の拡張を認めます。

4.治療

ウイルスに対する特効薬はないので、基本的には対症療法を行います。

気道の狭窄に対して、アドレナリンの吸入を行います。またステロイドの経口投与や、細菌の混合感染を考慮して抗生剤の投与が行われることもあります。

かぜの後に奇妙な咳をし始めたら、できるだけ早く小児科を受診してください。

>>他の症状が気になる方はこちら

急性喉頭蓋炎

急性喉頭蓋炎はまれではありますが、急速に進行し命に関わる怖い病気です。よだれを出して非常に苦しそうな顔をするので、すぐにおかしいことが分かります。

窒息する可能性があるので、夜中でもすぐに小児科や耳鼻科、救急科を受診しましょう。

1.原因

乳幼児の急性喉頭蓋炎や髄膜炎を起こすのはインフルエンザ菌b型(Hib)です。インフルンザ菌は、正確にはヘモフィルス・インフルエンザ桿菌(Haemophilus Influennzae)といいます。

インフルエンザ菌は主に上気道などの呼吸器や中耳に感染する細菌です。ただし、10%前後のお子さんは自然に持っている常在菌です。最近ではHibワクチンによりインフルエンザ菌b型感染は減少傾向にあります。

インフルエンザ菌とインフルエンザウイルスはまったくの別物です。間違えないようにしましょう。

2.症状

急性喉頭蓋炎は急速に発症し進行するのが特徴です。

声門上部・喉頭蓋に炎症が起き、腫れてきます。急激に気道が狭くなるので、よだれを出して非常に苦しそうな顔をするようになります。呼吸が苦しくなると、お子さんは前かがみになり、あごを出して口を開けて肩でぜいぜいと息をするので、見てすぐに異常なのが分かります。気道が閉塞すると窒息状態に陥ります。

3.診断

急性喉頭蓋炎は首のレントゲン写真や内視鏡で診断します。

レントゲン写真では側面像で喉頭蓋が親指状に腫れているのが分かることがあります。これをサムサイン(thumb sign)と呼びます。親指サインのことです。

4.治療

呼吸の管理が重要です。気管内挿管や気管切開を行うこともあります。

原因はインフルエンザ菌なので、セフェム系抗生剤を投与します。

急性喉頭蓋炎は命に関わる救急疾患なので、すぐに小児科や耳鼻科を受診しましょう。診療時間外でも救急病院を受診してください。

>>他の症状が気になる方はこちら

気道異物

気道異物とは、お子さんが何か物を飲み込んで気道に詰まっている状態のことをいいます。一つ間違えば窒息に陥ってしまうので早期発見が重要です。

息が苦しそうな場合はすぐに救急車を呼びましょう。

1.原因

気道異物の原因となるものはさまざまです。

乳幼児は自分の周りにあるものは何でも口に持っていってしまうので、小さなものはすべて気道異物の原因になりえます。

2.症状

大人であれば物がのどに詰まっても仕草で周りに知らせることができますが、乳幼児ではそうはいきません。苦しそうな顔をしている、息を吸うときにぜいぜいいっている、苦しそうに咳をしているなど、見た目の様子で判断するしかないので、発見が遅れてしまうことがあります。

3.治療

すぐに吐き出させるか、できないときは口を開けて詰まっている物が見えれば取り出してください。

1歳以上の幼児であれば腹部突き上げ法(ハイムリック法)と呼ばれる方法で異物を取り出すことができるかもしれません。

腹部突き上げ法(ハイムリック法):両腕をお子さんの背後からまわし、みぞおちの下でこぶしを作ってそのままお腹を上方に圧迫する方法です。

1歳未満であれば、胸部突き上げ法と背部殴打法を数回ずつ交互に行って異物を取りましょう。

胸部突き上げ法:ひざに寝かせたお子さんの後頭部を片方の手のひらで持ち、もう片方の手で胸を圧迫する方法です。

背部殴打法:お子さんをうつぶせにして片方の手のひらであごを持ちます。もう片方の手のひらの付け根で背中をしっかりと叩く方法です。

異物が取れない場合はすぐに病院を受診しましょう。

息が苦しそうな場合は直ちに救急車を呼んでください。救急車が来る前にお子さんの意識がなくなった場合は心肺蘇生を行います。緊急事態ではどうしてもあせってしまいますが、落ち着いて冷静に対応しましょう。心肺蘇生法は経験がないとできないので、お近くの消防署や病院、自治体などで行われる講習会を受講することをおすすめします。

>>他の症状が気になる方はこちら

喉頭軟化症

喉頭軟化症は、乳児で吸気時の喘鳴を起こす病気のなかで最も多いものの一つです。

生まれつき喉頭(のどのこと)の軟骨が柔らかいため、息を吸ったときにかかる圧力に負けてしまい、気道がつぶれて狭くなります。

軽症例ではほとんどが1歳までに自然に治るので、感染症に気を付けながらお子さんの成長を待ちます。しかし、なかには早急に治療が必要なものもあり注意が必要です。

1.原因

通常、喉頭蓋軟骨は発生8ヶ月前後の胎児期に完成しますが、何らかの原因で完成が遅れて喉頭軟化症を発症するといわれています。

2.症状

多くは、体重が増えてよく泣くようになってから発症します。生後1ヶ月前後に好発するといわれています。

息を吸うとき、特に泣くときや哺乳するときに喘鳴が強くなります。

呼吸器感染が併発すると炎症で気道がさらに狭くなり、窒息する危険性が高くなるので要注意です。

3.治療

喉頭蓋軟骨の発達の遅れが最大の原因なので、軽症例ではお子さんの成長を待ちます。たいていのお子さんは生後1年から2年くらいで治ります。これは、遅れて喉頭蓋軟骨が完成したことを意味します。

しかし、哺乳ができず体重が増えない、重度の無呼吸を起こしてしまうなどの重症例では治療が必要になります。チューブ栄養や経鼻陽圧呼吸などを行いますが、改善しない場合にはレーザー治療や喉頭蓋吊り上げ術、気管切開などの外科的手術が必要になることもあります。

お子さんが泣いているときや哺乳しているときに「ぜいぜい」と喘鳴が聞こえる場合は早めに小児科を受診しましょう。場合によっては大学病院などの専門機関に紹介になります。

>>他の症状が気になる方はこちら

息を吐くときに喘鳴が出るもの

息を吐くときの喘鳴、呼気時喘鳴を起こす代表的な病気は気管支喘息と細気管支炎です。

気管支喘息

気管支喘息は真夜中の小児科救急でよく遭遇する病気です。お子さんが苦しそうにぜいぜい息をして、息を吐くときにヒューヒュー音が聞こえるときには、まず気管支喘息の可能性を疑います。

命に関わることもある怖い病気です。

1.原因

気管支喘息は遺伝的素因と環境因子が組み合わさって発症するといわれていますが、正確なところはまだわかっていません。

患者さんの気道粘膜から好酸球などの炎症細胞が検出されているため、アレルギーによる炎症や慢性の気道炎症など、何らかの炎症が原因となって発症すると考えられています。

気管支喘息はアトピー型と非アトピー型に大きく分けられます。

両方に共通するのは気道に慢性炎症が起こっていること、そして気道の過敏性が亢進していることです。

アトピー型:アトピー素因とはハウスダストなどのアレルゲン(アレルギーを引き起こすもの)に対してIgEと呼ばれるアレルギー抗体を産生しやすい体質のことをいいます。

アレルギー反応により肥満細胞からさまざまな化学伝達物質が放出され、気管支に炎症が起こります。同時に気管支平滑筋が過敏に反応することで喘息が引き起こされます。

非アトピー型:アトピー型と違い、アレルギー抗体が関与しないものすべてを指します。ストレスや気温の寒暖差などが喘息発作の原因として挙げられます。

2.症状

発作性に呼吸困難と咳、喘鳴を生じます。喘息発作は夜間から明け方に多くみられるようです。

初期ではのどに違和感があり、徐々に息苦しさが出てきます。典型的な症状は呼気の延長と呼気時の喘鳴です。息を吐くときにヒューヒュー音がします。喘息が進行してくると、呼気時だけでなく吸気時にも喘鳴が聞こえるようになります。重症化すると通常の呼吸ができずに陥没呼吸となり、チアノーゼを起こします。

治療を始めないと気管支平滑筋の肥厚と気道のむくみがさらに悪化し、まれではありますが粘液栓により窒息に陥ることもあります。

3.治療

狭くなった気道を広げることを目的に、まずはβ2刺激薬の吸入を行います。吸入を30分おきに繰り返しても効果が不十分なときはステロイド治療を行います。

自宅ではお子さんの手の届くところにβ2刺激薬の吸入器を置いておきましょう。吸入で改善しない場合はできるだけ早く小児科を受診してください。重症で呼吸困難を起こした症例では気管挿管が必要になることもあります。

>>他の症状が気になる方はこちら

細気管支炎

細気管支炎は乳幼児、特に2か月前後の乳児に好発する呼吸器感染症です。重症化しやすく、乳児では入院治療が必要になる怖い病気です。

細気管支は気道の奥深くにある空気の通り道です。ここにウイルスによる炎症が起こると、細気管支が肥厚して狭くなるため、呼吸がしにくくなります。

1.原因

原因となるウイルスはさまざまですが、とくにRSウイルスによる発症が多く報告されています。RSウイルスの感染経路は飛沫感染と接触感染です。2歳になるまでにほぼすべての子供が感染するといわれています。RSウイルスはRespiratory syncytial virusの略です。

軽症で済む場合もありますが、重症化すると非常に重篤になります。

重症化しやすいのは、早産児や、心臓や肺に基礎疾患がある児、免疫不全などの基礎疾患を持つ児です。

2.症状

5日前後の潜伏期間を経て発症します。鼻汁などの鼻の症状や咳が数日続きます。

悪化してくると徐々に呼気時の喘鳴や呼気延長がみられるようになり、さらに進行すると呼吸回数が極端に増え、陥没呼吸になります。呼吸困難で酸素不足になると命に関わることもあるので要注意です。

3.治療

RSウイルスに対する特効薬はないので、基本的には対症療法を行います。乳児では入院治療が必要になります。

RSウイルスのワクチンはありませんが、重篤な下気道の炎症を抑えることができるパリビズマブ製剤という薬剤があります。ただし、保険適応になるのは早産児や、気管支肺異形成症の治療を受けた乳幼児、先天心疾患や免疫不全を持つ乳幼児、ダウン症候群の乳幼児のみです。月齢による制限もあります。

呼気時の喘鳴が見られた場合はすぐに小児科を受診しましょう。場合によっては大学病院などの専門機関に紹介になります。

>>他の症状が気になる方はこちら

症状の緊急性を判定する

症状を選択してください。

to top

いますぐ病院に行くべき?30秒緊急度判定