子供の【のど】の痛みを引き起こす病気とは|どこでもドクター

ヒッポくん
時計

当サイトは医師法・医療法に準拠しています

緊急性のチェック中

お子さんが「のどが痛い」と訴えるときに、しばらく様子を見てよいのか、それともすぐに小児科に連れて行くべきか、判断に迷うことがあると思います。

ここではのどの痛みを引き起す病気(感染症)について見ていきたいと思います。

のどの痛みが強くなり、水や食べ物の摂取ができない程になると、脱水症を起こしてしまうので注意が必要です。

ここでは小児科外来で遭遇することがある以下の病気について見ていきましょう。緊急に治療が必要な病気も含まれています。

かぜ症候群

いわゆる「かぜ」、「風邪」とは急性上気道炎の総称で、いつでもかかる可能性のある病気です。ほとんどが何らかのウイルスによるもので、鼻やのどの症状がメインです。

小児科外来に来るお子さんの7、8割はこの「かぜ」です。基本的には自分自身の免疫で自然に治っていきますが、なかには肺炎に進行してしまうようなものもあるので注意が必要です。

1.原因

大部分はウイルス感染によるもので、なかでも一番多いのはライノウイルスです。そのほかたくさんのウイルス、細菌が原因になります。

①夏期で咳のない場合

エンテロウイルス、エコーウイルス、コクサッキーウイルス、アデノウイルス、溶連菌、ヘルペスウイルス、伝染性単核球症など

②夏期で咳のある場合

マイコプラズマ、クラミジア、パラインフルエンザウイルス、ヒトメタニューモウイルスなど

③冬期で咳のない場合

アデノウイルス、溶連菌、ヘルペスウイルス、伝染性単核球症、突発性発疹など

④冬期で咳のある場合

インフルエンザウイルス、RSウイルス、ヒトメタニューモウイルス、マイコプラズマ、クラミジア、肺炎球菌、インフルエンザ菌など

2.感染経路

かぜ症候群の主な感染経路は、飛沫感染と接触感染です。

乳幼児には衛生意識がなく、さらに遊びの中で濃厚に接触するため、保育園などの乳幼児が集団生活する場所では特に注意が必要です。

飛沫感染:くしゃみや咳によって口から飛び出す飛沫にはウイルスが混入しています。このウイルス付きの飛沫が他人の口や鼻の粘膜に到達することで感染が成立します。

接触感染:感染者との直接的な接触や、ウイルスの付着した物(手すりやドアノブ、ボタン・スイッチなど)を介しての接触により感染が起こります。

3.症状

上気道の炎症によるのどの痛みを中心に、発熱や全身の倦怠感、頭痛などの症状を呈します。また、鼻汁や痰を伴った咳(湿性咳嗽)がみられるときもあります。

気管支炎や肺炎に移行し、重症化することがあるので注意が必要です。

4.治療

かぜ症候群の原因の多くはウイルスなので、特効薬はありません。基本的には自分自身の免疫で自然に治っていきます。細菌感染が合併している場合には抗生剤が有効ですが、ウイルス感染だけであれば抗生剤は不要です。出てきた症状を抑える対症療法が中心になります。

熱が高い時やのどの痛みが強いときには解熱鎮痛剤を使用します。解熱鎮痛剤にはNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)とアセトアミノフェンがありますが、インフルエンザが否定できない場合はアセトアミノフェンを使用しましょう。インフルエンザにかかっているときにNSAIDsを内服してしまうと、ライ症候群と呼ばれる急性脳症、肝臓の機能異常を引き起こすリスクが高くなってしまうので要注意です。

のどの痛みを中心に発熱や全身の倦怠感、頭痛などの症状を呈した場合には早めに小児科を受診しましょう。

5.かぜをひいたら

かぜの症状があり子供がぐったりしているときは、すぐに小児科を受診してください。
のどや鼻の症状では、なるべく診療時間内に耳鼻科や小児科を受診しましょう。
自宅では水分をしっかり摂取しましょう。水分が取れないときはすぐに小児科受診してください。
睡眠を十分に取り、栄養のあるものを食べましょう。食欲がない場合は、お子さんの好きなもの、消化の良いものにしましょう。
食欲があり水分摂取できる場合は、湯冷めに気をつければ入浴は可能です。
家族ともども、手洗いをきちんとしましょう。咳やくしゃみが出る場合はマスクをしてください。

以上のことを心に留めておけば、お子さんがかぜをこじらせて重症化する危険性は低くなると思います。

>>他の症状が気になる方はこちら

溶連菌感染症

溶連菌による急性の感染症で、発熱やのどの痛みが起こります。小児に多く、春と冬に流行がみられます。3歳以下ではあまりみられません。

繰り返し感染することがあるので注意が必要です。

1.原因

原因は溶連菌の感染です。ちなみに溶連菌はA群β溶血性連鎖球菌の略です。連鎖球菌の分類でA群に属し、また血液寒天培地で培養したときにβ溶血性を示すことからこの名前が付きました。通常は溶連菌と呼ばれます。

2.感染経路

溶連菌の感染経路は飛沫感染と接触感染です。

乳幼児には衛生意識がなく、さらに遊びの中で濃厚に接触するため、保育園などの乳幼児が集団生活する場所では特に注意が必要です。

飛沫感染:くしゃみや咳によって口から飛び出す飛沫には細菌が混入しています。このウイルス付きの飛沫が他人の口や鼻の粘膜に到達することで感染が成立します。

接触感染:感染者との直接的な接触や、細菌の付着した物(手すりやドアノブ、ボタン・スイッチなど)を介しての接触により感染が起こります。

感染経路は、飛沫感染です。

3.症状

3日前後の潜伏期間を経て発症します。発熱とのどの痛み、そして全身の倦怠感が主な症状です。しばしば嘔気、嘔吐を伴います。

舌が苺のように赤くなるのが特徴で、苺舌と呼ばれています。

食べ物やお水を飲み込むときにのどの痛みが強くなるので、お子さんが脱水を起こさないように注意しましょう。

合併症として、リウマチ熱や急性糸球体腎炎が起こることがあるので注意が必要です。

4.治療

基本的には抗生剤による治療を行います。抗生剤の内服は通常5~10日間ほど必要です。

症状がなくなったからといって内服を中止してはいけません。合併症を防ぐため、医師に言われた期間を守ってきちんと飲み切るようにしてください。

お子さんが発熱し、のどの痛みを訴えた場合は早めに小児科を受診しましょう。

>>他の症状が気になる方はこちら

急性扁桃炎

扁桃は、のどにあるリンパ組織の集合体です。一般的には扁桃腺と呼ばれていますが、実際は分泌腺ではないため医学的には扁桃と呼んでいます。扁桃は免疫機能を持っていることが分かっています。

扁桃の中でも口蓋扁桃と呼ばれる場所に病原体による炎症が起こったものを急性扁桃炎といいます。

1.原因

急性扁桃炎を起こすのは、レンサ球菌やインフルエンザ菌、アデノウイルス、EBウイルスなどです。レンサ球菌やインフルエンザ菌は普段から口の中に常在しています。

2.症状

高熱で発症し、のどの激痛を伴います。鼻づまりの症状を訴えることもあります。

かぜを伴っていなければ、鼻水は通常みられません。

3.治療

基本的には安静にして、レンサ球菌などの細菌感染によるものであれば抗生剤の内服を行います。うがい薬によるうがいも行われています。アデノウイルスなどのウイルス感染の場合は、抗生剤は無効で特異的な治療はありません。

周囲に炎症が拡がり扁桃周囲膿瘍と呼ばれる状態になってしまうこともあるので、お子さんに高熱とのどの痛みが生じた場合はすぐに耳鼻科を受診しましょう。

>>他の症状が気になる方はこちら

扁桃周囲炎(扁桃周囲膿瘍)

扁桃は、のどにあるリンパ組織の集合体です。一般的には扁桃腺と呼ばれていますが、実際は分泌腺ではないため医学的には扁桃と呼んでいます。扁桃は免疫機能を持っていることが分かっています。

扁桃の中でも口蓋扁桃と呼ばれる場所に細菌感染による炎症が起こったものを急性扁桃炎といいます。この扁桃の炎症がさらに周囲に拡がった状態が扁桃周囲炎です。さらに進行すると膿瘍を形成し、扁桃周囲膿瘍と呼ばれる状態になります。

治療が遅れると重症化してしまうので、早期に治療することが大切です。

1.原因

扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍の原因で多くみられるのは溶連菌と嫌気性菌です。

①溶連菌(A群β溶血性連鎖球菌)

溶連菌は正式にはA群β溶血性連鎖球菌といいます。連鎖球菌の分類でA群に属し、また血液寒天培地で培養したときにβ溶血性を示すことからこの名前が付きました。通常は溶連菌と呼ばれます。

②嫌気性菌

嫌気性菌は酸素のないところでも増殖できる能力を持った細菌です。

酸素のない場所でしか生きていけない偏性嫌気性菌と、酸素があっても増殖できる通性嫌気性菌に分けられます。

2.症状

特徴的な症状は非常に強いのどの痛みで、口を開けることが困難になります。高熱を伴います。

経験したことがある方は分かると思いますが、自分の唾液を飲み込むことすらできない程の激烈な痛みです。痛みにより水分摂取ができなくなるので、脱水を起こさないように注意が必要です。

感染が広がると耳が痛くなったり、のどの周りに痛みが広がったりします。

3.治療

抗生剤の投与を行いますが、扁桃周囲膿瘍では穿刺排膿や、切開排膿といった処置も行います。炎症や膿瘍がひどい場合、のどの痛みが激しく水分摂取ができない場合などは入院治療が必要です。

お子さんに高熱と強いのどの痛みが生じた場合はすぐに耳鼻科を受診しましょう。場合によっては大学病院などの専門機関に紹介になります。

>>他の症状が気になる方はこちら

急性喉頭蓋炎

急性喉頭蓋炎はまれではありますが、急速に進行し命に関わる怖い病気です。よだれを出して非常に苦しそうな顔をするので、すぐにおかしいことが分かります。

窒息する可能性があるので、夜中でもすぐに小児科や耳鼻科、救急科を受診しましょう。

1.原因

乳幼児の急性喉頭蓋炎や髄膜炎を起こすのはインフルエンザ菌b型(Hib)です。インフルンザ菌は、正確にはヘモフィルス・インフルエンザ桿菌(Haemophilus Influennzae)といいます。

インフルエンザ菌は主に上気道などの呼吸器や中耳に感染する細菌です。ただし、10%前後のお子さんは自然に持っている常在菌です。最近ではHibワクチンによりインフルエンザ菌b型感染は減少傾向にあります。

インフルエンザ菌とインフルエンザウイルスはまったくの別物です。間違えないようにしましょう。

2.症状

急性喉頭蓋炎は急速に発症し進行するのが特徴です。

声門上部・喉頭蓋に炎症が起き、腫れてきます。急激に気道が狭くなるので、よだれを出して非常に苦しそうな顔をするようになります。呼吸が苦しくなると、お子さんは前かがみになり、あごを出して口を開けて肩でぜいぜいと息をするので、見てすぐに異常なのが分かります。気道が閉塞すると窒息状態に陥ります。

3.診断

急性喉頭蓋炎は首のレントゲン写真や内視鏡で診断します。

レントゲン写真では側面像で喉頭蓋が親指状に腫れているのが分かることがあります。これをサムサイン(thumb sign)と呼びます。親指サインのことです。

4.治療

呼吸の管理が重要です。気管内挿管や気管切開を行うこともあります。

原因はインフルエンザ菌なので、セフェム系抗生剤を投与します。

急性喉頭蓋炎は命に関わる救急疾患なので、すぐに小児科や耳鼻科を受診しましょう。診療時間外でも救急病院を受診してください。

>>他の症状が気になる方はこちら

伝染性単核球症

伝染性単核球症は患者の唾液によって感染が広がる病気です。キスや口移しが主な要因であるため、「キス病」とも呼ばれています。伝染性単核球症という名前は、血中に異型リンパ球を伴う単核球の増加が見られることから付けられました。

3歳までに70%前後の子供が感染するといわれています。乳幼児では感染しても症状が現れない不顕性感染が多く、思春期以降では約50%が発症します。

1.原因

EBウイルスの感染が原因で起こります。EBウイルスはEpstein- Barr Virus(エプスタイン・バールウイルス)の略です。ヘルペスウイルス科に属し、ヒトヘルペスウイルス4型とも呼ばれます。ちなみにエプスタイン・バールウイルスの名前の由来は、1964年にこのウイルスを発見したマイケル・エプスタイン博士とアイボン・バール博士です。

EBウイルスの他に、サイトメガロウイルスやエイズウイルスが原因で起こることもあります。

2.症状

感染から約1か月の潜伏期間を経て発症します。主な症状はのどの痛み、発熱、リンパ節の腫れです。多くの場合、38℃以上の発熱が1~2週間持続します。

肝臓や脾臓にむくみが生じる場合があるので注意が必要です。まれに中枢神経系や心臓に影響がみられることもあります。

3.治療

EBウイルスに対する特効薬はないので、基本的には出てきた症状を抑える対症療法を行います。

1~2週間で自然解熱しますが、肝機能障害や頸部リンパ節腫脹は1~2か月持続することがあります。ただし、症状が消失してもEBウイルスはのどの細胞や血液中に潜み続けます。

のどの痛み、発熱、リンパ節の腫れを呈した場合は早めに小児科を受診しましょう。

>>他の症状が気になる方はこちら

咽頭結膜炎

咽頭結膜炎は、主に夏に小児を中心に流行するアデノウイルス感染症の1つです。プールでうつることがあるので、「プール熱」とも呼ばれています。38℃以上の発熱、のどの痛み、結膜炎を引き起こします。

学校保健安全法の第2種に指定されているので、症状がなくなって2日経過するまでは登校禁止です。

アデノウイルス感染症には、咽頭結膜炎、アデノウイルス咽頭炎、流行性角結膜炎、ウイルス性胃腸炎、出血性膀胱炎などがあります。

1.原因

咽頭結膜炎の原因はアデノウイルスです。アデノウイルスはいわゆる「かぜ」を引き起こす主要ウイルスの1つで、感染力が非常に強いのが特徴です。

扁桃腺やリンパ節でアデノウイルスは増殖します。実は「アデノ」という言葉は扁桃腺・リンパ節を意味します。

アデノウイルスには51種類もの血清型があります。咽頭結膜炎を起こすのは3型が多いといわれていますが、2型、4型、7型、11型、14型によるものもみられ、一度感染して免疫ができても後に別の型に感染してしまうことがあるので安心できません。

2.感染経路

アデノウイルスの感染経路は飛沫感染と接触感染です。

プールに入らなくても感染します。乳幼児には衛生意識がなく、さらに遊びの中で濃厚に接触するため、保育園などの乳幼児が集団生活する場所では特に注意が必要です。

便からも感染するので気をつけてください。

飛沫感染:くしゃみや咳によって口から飛び出す飛沫にはウイルスが混入しています。このウイルス付きの飛沫が他人の口や鼻の粘膜に到達することで感染が成立します。

接触感染:感染者との直接的な接触や、ウイルスの付着した物(手すりやドアノブ、ボタン・スイッチなど)を介しての接触により感染が起こります。

3.症状

6日前後の潜伏期間を経て発症します。まずは発熱で始まり、のどの痛み、頭痛、倦怠感、結膜炎による充血、目やに、涙目などの症状を呈します。

目の症状は通常片眼から始まり、時間経過とともに両眼に症状が出ます。ときに首のリンパ節の腫脹がみられます。

アデノウイルス3型が多いのですが、7型によるものもあり、その場合は乳幼児や高齢者、免疫不全の患者に呼吸障害を起こすことがあるので注意が必要です。

4.検査

アデノウイルス抗原迅速診断検査キットがあります。ただし、特異度は高いものの感度は70%程度といわれており、検査結果には不正確さが残ります。陽性反応が出ると確定診断となりますが、陰性でも否定はできません。

5.治療

アデノウイルスに対する特効薬はないので、出てきた症状に対応する対症療法が基本になります。解熱剤を使用する場合にはアセトアミノフェンを使用しましょう。

咽頭結膜炎では高熱が5日前後続くこともあるので、脱水を起こさないように注意が必要です。ほとんどの子は発熱時には食欲がなくなるので、プリンやヨーグルトなどの食べやすいものや本人が食べたいものを食べさせましょう。

6.予防

アデノウイルスに対するワクチンはありません。

予防の基本はこまめな手洗い、うがい、マスクの着用です。

身近にアデノウイルスに感染している人がいる場合は、タオルは共同で使用してはいけません。

>>他の症状が気になる方はこちら

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは、乳幼児の間で夏から秋に流行するかぜの一種です。突然の発熱で始まり、全身倦怠感や嘔気・嘔吐、のどの痛みなどの症状が起こります。口の中に小水疱がたくさんできるのが特徴です。

回復後もしばらくは便からウイルスの排泄があるので注意が必要です。

1.原因

ヘルパンギーナの原因になるのは主にエンテロウイルス属のウイルスです。エンテロウイルスはピコルナウイルス科に属するRNAウイルスの総称で、A群コクサッキーウイルス、B群コクサッキーウイルス、エンテロウイルス、エコーウイルス、ポリオウイルスなどたくさんのウイルスが含まれます。ちなみにエンテロウイルスの宿主は人間のみです。

流行性のもののほとんどはA群コクサッキーウイルスが原因です。A群コクサッキーウイルスの中でも2型‐6型、10型などが原因になります。

2.感染経路

ヘルパンギーナの感染経路は飛沫感染と接触感染です。

乳幼児には衛生意識がなく、さらに遊びの中で濃厚に接触するため、保育園などの乳幼児が集団生活する場所では特に注意が必要です。

エンテロウイルスは便からも排泄されるのが特徴です。

飛沫感染:くしゃみや咳によって口から飛び出す飛沫にはウイルスが混入しています。このウイルス付きの飛沫が他人の口や鼻の粘膜に到達することで感染が成立します。

接触感染:感染者との直接的な接触や、ウイルスの付着した物(手すりやドアノブ、ボタン・スイッチなど)を介しての接触により感染が起こります。

3.症状

3日前後の潜伏期を経て発症します。突然の発熱で始まり、高熱が数時間持続して全身倦怠感や嘔気・嘔吐、のどの痛みなどの症状が起こります。口の中に小水疱がたくさんできるのがヘルパンギーナの特徴です。小水疱は口の奥、のどの奥辺りに潰瘍を伴ってできるので、非常に痛く食事摂取ができなくなります。

ときに無菌性髄膜炎を合併するので注意が必要です。ぐったりしているときは髄膜炎の可能性があるので、できるだけ早く小児科を受診しましょう。

4.治療

ヘルパンギーナの原因であるエンテロウイルスに有効な薬はないので、対症療法が基本になります。解熱剤には主にアセトアミノフェンを使用します。

のどの痛みが非常に強く食事摂取が困難な場合は、入院での点滴治療が必要になります。

5.予防

ヘルパンギーナにはワクチンなどの予防手段がありません。手洗い、うがい、マスクの着用が予防策の中心になります。

ヘルパンギーナの原因になるウイルスにはたくさんの種類があるため、繰り返し感染する可能性があり注意が必要です。

>>他の症状が気になる方はこちら

手足口病

手足口病は夏に流行する感染症です。季節性があることが特徴の一つです。例年、5歳以下の乳幼児が患者の約9割を占めます。

感染すると3~5日の潜伏期間を経て、口の中や手のひら、足に数ミリの水泡性発疹が出てきます。

1.原因

手足口病の原因はウイルス感染です。原因ウイルスとしてはコクサッキーウイルスA6、コクサッキーウイルスA16、エンテロウイルス71が挙げられます。ときにコクサッキーウイルスA10も原因になります。

2.感染経路

手足口病の感染経路は飛沫感染と接触感染です。

乳幼児には衛生意識がなく、さらに遊びの中で濃厚に接触するため、保育園などの乳幼児が集団生活する場所では特に注意が必要です。

便からも感染するので気をつけてください。

飛沫感染:くしゃみや咳によって口から飛び出す飛沫にはウイルスが混入しています。このウイルス付きの飛沫が他人の口や鼻の粘膜に到達することで感染が成立します。

接触感染:感染者との直接的な接触や、ウイルスの付着した物(手すりやドアノブ、ボタン・スイッチなど)を介しての接触により感染が起こります。

3.症状

感染すると3~5日の潜伏期間を経たのち、口の中、手、足に水疱性発疹(水ぶくれのようなぶつぶつ)ができます。約30%の患者に発熱がみられますが、あまり高熱にはならず、また長引くこともありません。ほとんどの場合は数日で軽快しますが、合併症に注意する必要があります。エンテロウイルス71は他のウイルスよりも、髄膜炎や脳炎、小脳失調症といった中枢神経系疾患を引き起こす可能性が高いといわれています。

4.治療

ウイルス感染が原因なので特効薬はありません。対症療法が治療の中心になります。かぜと同じで、お子さん自身の免疫力で自然に治ります。

通常は数日で軽快しますが、まれに髄膜炎や脳炎などの中枢神経系の合併症を起こすことがあるので、お子さんの様子をしっかりと観察しましょう。

5.予防

残念ながら手足口病に有効なワクチンはありません。

手足口病では完治した後も数週間便からウイルスが排泄されることがあるので注意が必要です。基本的な予防策は手洗いをしっかり行い、便などの排せつ物の処理を適切に行うことです。手は石鹸を使って洗い、しっかりと水道水で流しましょう。またタオルは共同で使用せず、個別に分けることも大切です。

乳幼児では手洗いなどの予防策を徹底することが難しく、集団生活施設などでは感染拡大を防ぐことに難渋します。

感染症では不顕性感染といって、ウイルスに感染しても症状が現れない人がいます。そのような場合でも便からはウイルスが排出されるので、日頃から手洗いなどを徹底することが何よりも大事です。

6.流行について

日本では基本的に夏に流行が始まり、7月後半にピークを迎えます。

中枢神経系の合併症を引き起こしやすいエンテロウイルス71はアジア各国で毎年夏に報告されているので、海外旅行の際には手洗いをこまめに行いましょう。

>>他の症状が気になる方はこちら

ヘルペス性歯肉口内炎

乳幼児に好発する病気で、単純ヘルペスウイルス1型の初感染で生じます。口に小水疱ができ、歯肉は炎症で赤く腫れます。

指を舐めた後に目の周りなど他の部位を触ると、触ったところに同様の症状が出ることがあります。

1.原因

ヘルペス性歯肉口内炎の原因は単純ヘルペスウイルス1型の初感染です。ただし単純ヘルペスウイルスは、感染しても症状の出ない不顕性感染が多いといわれています。

2.感染経路

ヘルペス性歯肉口内炎の感染経路は接触感染です。

接触感染:感染者との直接的な接触や、ウイルスの付着した物(手すりやドアノブ、ボタン・スイッチなど)を介しての接触により感染が起こります。

3.症状

5日前後の潜伏期を経て発症します。口やのどを痛がり、高熱が数日間続きます。発熱後、3日前後で口の周りや口の中に小水疱ができます。歯肉が赤く腫れ、痛みを伴うことが特徴です。

4.治療

口の中の小水疱がびらんになり強い痛みを生じる場合は、ヘルペスウイルスに効果があるアシクロビルの内服を行います。

発熱時の解熱鎮痛剤には主にアセトアミノフェンを使用します。

のどの痛みで食事摂取が困難になるので脱水を起こさないように注意しましょう。

のどの痛みや口の周りの水泡、発熱を認めた場合は早めに小児科を受診しましょう。

5.予防

ウイルスを含んだ唾液や口の周りの小水疱に直接触ることで感染するので、手洗いの徹底、タオルの使い分け、患者が触った場所はこまめに拭くなどの対応が必要になります。症状がなくなった後でも数週間はウイルスが排出されるので注意してください。

>>他の症状が気になる方はこちら

症状の緊急性を判定する

症状を選択してください。

to top

いますぐ病院に行くべき?30秒緊急度判定