関節が痛いときに考えられる病気は?|どこでもドクター

ヒッポくん
時計

当サイトは医師法・医療法に準拠しています

緊急性のチェック中

みなさん、急に関節が痛くなった経験はないでしょうか?

外出中や仕事中などの場合、しばらく様子を見てよいのか、それともすぐに病院に行くべきか、判断に迷うことがあると思います。

ここでは内科外来で遭遇することがある病気を見ていきましょう。

痛風

体内の尿酸蓄積に伴い関節炎が引き起こされた状態を痛風といいます。患者のほとんどが成人男性で、患者数は昔と比べ増えてきています。

1.原因

血液中の尿酸濃度が高い状態(高尿酸血症)が続くと尿酸が体内で結晶として析出し、関節や腎臓などに蓄積します。この尿酸結晶が関節炎を引き起こすと考えられています。

2.症状

急性の関節炎により激痛とともに発赤、腫脹、熱感がみられます。この関節炎発作を痛風発作といいます。好発部位は足の親指にある関節です。

発作の直前に前兆(関節の違和感)がみられることがあります。

3.治療

痛風発作の治療には非ステロイド性抗炎症薬が用いられます。コルヒチンは発作の前兆が起きた時に有効で、発作を予防したり症状を軽減したりすることができます。

発作の再発抑制には血中の尿酸値を下げることが重要です。肥満の是正、アルコールやプリン体の摂取制限、十分な飲水などの生活指導や、尿酸排泄薬の内服などが行われています。

プリン体を多く含む食品:レバー、白子、カツオやイワシ、エビ、牡蠣などの一部の魚介類

>>他の症状が気になる方はこちら

化膿性関節炎

化膿性関節炎は細菌感染により引き起こされる関節の炎症で、急速に進行するのが特徴です。緊急に治療が必要な病気です。

糖尿病や関節リウマチ、免疫不全などの基礎疾患がある方や、ステロイド、免疫抑制剤を使用中の方は注意が必要です。

1.原因

化膿性関節炎の原因菌としては黄色ブドウ球菌が最も多く、次に連鎖球菌、肺炎球菌が多いといわれています。

2.症状

関節が赤く腫れ、激しい痛みが生じます。発熱や悪寒などの全身症状を伴うこともあります。

放置すると急速に悪化し、関節が破壊されてしまいます。

3.治療

抗生剤の投与を行います。関節に溜まった膿を切開して排出することもあります。

進行すると関節が破壊されて障害が残ることもあるので、早期に治療を開始することが重要です。

>>他の症状が気になる方はこちら

関節リウマチ

関節リウマチは多発する関節炎を主な症状とする慢性で進行性の病気です。主に関節内の滑膜と呼ばれる部分に炎症が起こります。

有病率は人口の0.7%程度で、患者の約8割が女性です。

1.原因

関節リウマチの原因は不明ですが、自己免疫が関係していると考えられています。

また遺伝的な素因も発症に関与しているといわれています。

2.症状

関節症状が主で、朝のこわばりや関節の腫脹と熱感、痛みなどが起こります。一つの関節から症状が始まることもあれば、複数の関節から始まることもあります。炎症により靭帯や軟骨が破壊され、徐々に関節の形状が変わっていきます。

全身症状として微熱、倦怠感、体重減少などがみられることがあります。

その他、関節以外の症状として、皮下結節(リウマトイド結節)や間質性肺炎、眼症状(強膜炎、虹彩炎など)、心障害、腎障害などが起こることもあります。

3.治療

関節リウマチは関節破壊が破壊される前に治療を始めることが重要です。症状が出始めてから骨破壊が始まるまでの間に積極的に治療を行う必要があります。

抗リウマチ薬(メトトレキセートなど)が主体となり、副腎皮質ステロイド、生物学的製剤が使われています。治療は長期にわたるため、薬剤の副作用にも注意が必要です。

関節の痛みや朝のこわばりなどの症状が出た場合は早めに内科を受診してください。

>>他の症状が気になる方はこちら

SLE(全身性エリテマトーデス)

SLE(全身性エリテマトーデス)は多臓器に病変を生じる慢性の炎症性疾患です。

患者の9割以上が女性で、20~40歳代に好発します。日本には約5万人の患者がいるといわれています。

1.原因

原因は不明ですが、自己免疫が関係していると考えられています。抗核抗体や抗dsDNA抗体、抗Sm抗体、LE因子など、様々な自己抗体がみられます。

また遺伝的な素因も発症に関与しているといわれています。

2.症状

微熱が続く、疲れやすい、体重減少などの全身症状に加え、皮膚や関節、心臓、肺、腎臓、神経など多様な臓器病変を呈します。

皮膚症状で特徴的なのが鼻から両側の頬に広がる赤い斑点で、蝶のように見えることから蝶形紅斑と呼ばれています。その他、ディスコイド斑と呼ばれるSLEに特異的な紅斑や光線過敏症、口腔内の無痛性潰瘍などがみられることがあります。

関節炎は約8割の方に出現し、関節の痛みが起こります。

3.治療

治療には主に副腎皮質ステロイドと免疫抑制剤が用いられます。治療は長期にわたるため、薬剤の副作用に注意が必要です。

SLEは増悪と寛解を繰り返す病気です。症状が悪化している時はできるだけ安静にして、感染症や日光に気を付けなければなりません。

>>他の症状が気になる方はこちら

症状の緊急性を判定する

症状を選択してください。

to top

いますぐ病院に行くべき?30秒緊急度判定