咳や痰の原因は?よくある病気とは|どこでもドクター

ヒッポくん
時計

当サイトは医師法・医療法に準拠しています

緊急性のチェック中

みなさん、急に咳や痰が出始めて困った経験はないでしょうか?

仕事中や授業中などの場合、しばらく様子を見てよいのか、それともすぐに病院に行くべきか、判断に迷うことがあると思います。

ここでは内科外来でよく遭遇する病気を中心に見ていきましょう。緊急で処置を行わなければ命に関わる病気も含まれています。

かぜ症候群

いわゆる「かぜ」、「風邪」とは急性上気道炎の総称で、いつでもかかる可能性のある病気です。ほとんどが何らかのウイルスによるもので、鼻やのどの症状がメインです。

炎症により、発熱やのどの痛み、倦怠感などの症状が引き起こされます。

基本的には自分自身の免疫で自然に治っていきますが、なかには肺炎に進行してしまう場合もあるので注意が必要です。

1.原因

大部分はウイルス感染によるもので、なかでも一番多いのはライノウイルスです。そのほかたくさんのウイルス、細菌が原因になります。

2.感染経路

かぜ症候群の主な感染経路は、飛沫感染と接触感染です。かぜをひいた際は、人にうつさないようにマスクの着用、手洗いを心がけましょう。

飛沫感染:くしゃみや咳によって口から飛び出す飛沫にはウイルスが混入しています。このウイルス付きの飛沫が他人の口や鼻の粘膜に到達することで感染が成立します。

接触感染:感染者との直接的な接触や、ウイルスの付着した物(手すりやドアノブ、ボタン・スイッチなど)を介しての接触により感染が起こります。

3.症状

比較的ゆっくりと発症し、のどや鼻を中心に症状が出ます。鼻水や鼻づまり、のどの痛み、くしゃみ、咳、発熱などが主な症状です。だいたい1週間程度で回復期に入り、治癒していきます。

咳やのどの痛み、発熱が長期間続く場合には二次感染や合併症を考えないといけません。おかしいと思ったら、早めに耳鼻科や内科を受診しましょう。

4.治療

かぜ症候群の原因の多くはウイルスなので、特効薬がありません。基本的には自分自身の免疫で自然に治っていきます。細菌感染が合併している場合には抗生剤が有効ですが、ウイルス感染だけであれば抗生剤は不要です。出てきた症状を抑える対症療法が中心になります。

5.かぜをひいたら

自宅では水分をしっかり摂取しましょう。水分が取れないときは早めに内科を受診してください。
睡眠を十分に取り、栄養のあるものを食べましょう。食欲がない場合は消化の良いものにしましょう。
食欲があり水分が摂取できる場合は、湯冷めに気をつければ入浴は可能です。
家族ともども、手洗いをきちんとしましょう。咳やくしゃみが出る場合はマスクをしてください。

>>他の症状が気になる方はこちら

肺炎(感染性)

何らかの原因により肺に炎症が起きている状態を肺炎といいます。

肺炎には微生物が原因の感染性のものと、薬剤やアレルギーなどが原因の非感染性ものがあります。ここでは感染性の肺炎についてみていきましょう。

1.原因

原因となる微生物は細菌、ウイルス、真菌など多彩です。

内科外来で遭遇する肺炎の原因で一番多いのは肺炎球菌で、そのほかインフルエンザ桿菌、モラキセラ・カタラーリス、マイコプラズマ、レジオネラ、クラミジアなどによるものがみられます。黄色ブドウ球菌、クレブシエラ、インフルエンザウイルス、アデノウイルスなどが原因になることもあります。

2003年には新種のコロナウイルスによって重症急性呼吸器症候群(いわゆるSARS)が流行しました。

2.症状

発熱、寒気などの全身症状と咳(痰を伴うことがある)、深呼吸や咳をしたときの胸痛(肺の表面に炎症が及んだ場合の胸膜痛)が典型的な症状です。ときに悪心、嘔気、下痢、関節痛などもみられます。高齢者の場合は、咳の症状がないこともあるので注意が必要です。

3.治療

基本的には抗生剤による治療が行われます。

上記の症状が出たときはできるだけ早く内科を受診してください。特に高齢者や免疫不全の方は重症化しやすいので、早期発見、早期治療が重要です。

>>他の症状が気になる方はこちら

インフルエンザ

インフルエンザという病気は、昔は「かぜ」の一つとして扱われていましたが、最近では「かぜ」とは一線を画す疾患として治療されています。「かぜ」というのはいろいろなウイルスが原因で起こる急性上気道炎の総称ですが、インフルエンザはインフルエンザウイルスが起こす疾患です。

インフルエンザには季節性があり、日本では例年12月から3月に流行します。たまに単発的に夏期に流行することもあります。

1.インフルエンザウイルスの分類

A香港型やAソ連型という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

インフルエンザの原因であるインフルエンザウイルスはA型、B型、C型に大きく分類されます。日本で流行する危険が高いのはA型とB型です。

流行しやすいインフルエンザウイルスA型には、A(H1N1)亜型やA(H3N2)亜型(これは香港型と呼ばれます)があります。2009年に新型インフルエンザが発生しましたが、これはA(H1N1)亜型と同じものでした。大規模に流行したのは人々が免疫を全く持っていなかったためです。免疫を持ってないインフルエンザウイルスの型だったので「新型インフルエンザ」と呼ばれました。

新型インフルエンザと呼ばれたA(H1N1)亜型も、現在では通常のインフルエンザとして扱われるようになってきています。

2.感染経路

インフルエンザの主な感染経路は、飛沫感染と接触感染です。

飛沫感染:くしゃみや咳によって口から飛び出す飛沫にはウイルスが混入しています。このウイルス付きの飛沫が他人の口や鼻の粘膜に到達することで感染が成立します。

接触感染:感染者との直接的な接触や、ウイルスの付着した物(手すりやドアノブ、ボタン・スイッチなど)を介しての接触により感染が起こります。

3.症状

インフルエンザは1~3日の潜伏期間(体内でインフルエンザウイルスが増殖して力を蓄えている時期)を経て発症します。寒気を伴う38℃以上の発熱、全身倦怠感、頭痛、関節痛、筋肉痛が急激に起こります。

鼻炎、のどの痛み、咳などの呼吸器症状だけでなく、下痢や嘔気・嘔吐などの消化器症状を起こすこともあります。体力の衰えた高齢者では肺炎を合併し重篤化することがあるので注意が必要です。

また小さなお子さんの場合は、脳炎を発症し命に関わることもある恐ろしい病気です。

4.検査

1999年にインフルエンザウイルスの抗原迅速検査キットが登場しました。鼻の奥に専用の綿棒をこすりつけて検体を採取します。少し痛い検査です。

この検査キットの特異度は90%以上ですが、感度は60%程度といわれています。

つまり、検査で陽性の場合はインフルエンザと考えて構いませんが、陰性だった場合でもインフルエンザではないとは言い切れません。また、発症直後や発症して数日経過した後では陰性に出てしまう可能性があるので注意が必要です。

5.治療

インフルエンザの特効薬が次々と登場してきています。抗インフルエンザ薬を発症してから48時間以内に服用開始した場合、発熱期間が1~2日ほど短縮され、のどや鼻からのインフルエンザウイルス排出が減少します。48時間を過ぎてからでは効果は期待できなくなります。

寒気を伴う発熱、頭痛、関節痛が出たら早めに内科を受診しましょう。

なお、抗インフルエンザ薬との関連性は分かっていませんが、10代のインフルエンザ患者で異常行動が報告されているので注意しましょう。

6.予防

インフルエンザ予防としては以下のことが大切です。

①インフルエンザワクチン接種

流行前の10月から11月末に接種することが大切です。

インフルエンザワクチンのメリットは、インフルエンザに感染するリスクを軽減できること、そしてもし感染してしまった場合にも重症化する可能性が減ることです。特に重症化することの多い小児と高齢者に関しては予防接種が勧められています。

②こまめに手洗いをする

これはインフルエンザに限らず、たくさんの病気の予防に重要です。

インフルエンザウイルスにはアルコール消毒が有効なので、外出先ではお勧めです。

③うがいをしっかりする

市販のもので構わないので、うがい用消毒薬を使うとより効果的です。

④部屋の乾燥は要注意

湿度が低く乾燥しているとインフルエンザウイルスが拡散しやすくなります。冬に流行するのはこのためです。部屋の中は適切な湿度を保ちましょう。

⑤十分な睡眠、休養をとる

体力が落ちるとインフルエンザに限らず、さまざまな病気にかかるリスクが高くなります。

⑥インフルエンザ流行時には繁華街などの人混みを避け、マスクの着用する

インフルエンザウイルスは咳やくしゃみによって飛沫感染するので、マスクをしっかりと着用しましょう。もちろん、帰宅後の手洗いとうがいは必須です。

>>他の症状が気になる方はこちら

気管支喘息

気管支喘息は、発作性の呼吸困難や喘鳴(呼吸時にヒューヒュー、ゼーゼーといった音がする状態)、胸の苦しさ、咳などの症状を繰り返す病気です。

真夜中の小児科救急でよく遭遇する病気ですが、成人になって発症することもあります。命に関わることもあるので要注意です。

1.原因

気管支喘息は遺伝的素因と環境因子が組み合わさって発症するといわれていますが、正確なところはまだわかっていません。

患者さんの気道粘膜から好酸球などの炎症細胞が検出されているため、アレルギーによる炎症や慢性の気道炎症など、何らかの炎症が原因となって発症すると考えられています。

気管支喘息はアトピー型と非アトピー型に大きく分けられます。

両方に共通するのは気道に慢性炎症が起こっていること、そして気道の過敏性が亢進していることです。

アトピー型:アトピー素因とはハウスダストなどのアレルゲン(アレルギーを引き起こすもの)に対してIgEと呼ばれるアレルギー抗体を産生しやすい体質のことをいいます。

アレルギー反応により肥満細胞からさまざまな化学伝達物質が放出され、気管支に炎症が起こります。同時に気管支平滑筋が過敏に反応することで喘息が引き起こされます。

非アトピー型:アトピー型と違い、アレルギー抗体が関与しないものすべてを指します。ストレスや気温の寒暖差などが喘息発作の原因として挙げられます。

2.症状

発作性に呼吸困難と咳、喘鳴を生じます。喘息発作は夜間から明け方に多くみられるようです。

初期ではのどに違和感があり、徐々に息苦しさが出てきます。典型的な症状は呼気の延長と呼気時の喘鳴です。息を吐くときにヒューヒュー音がします。喘息が進行してくると、呼気時だけでなく吸気時にも喘鳴が聞こえるようになります。重症化すると通常の呼吸ができずに陥没呼吸となり、チアノーゼを起こします。

治療を始めないと気管支平滑筋の肥厚と気道のむくみがさらに悪化し、まれではありますが粘液栓により窒息に陥ることもあります。

3.治療

狭くなった気道を広げることを目的に、まずはβ2刺激薬の吸入を行います。吸入を30分おきに繰り返しても効果が不十分なときはステロイド治療を行います。

β2刺激薬の吸入器は手の届くところに置いておきましょう。吸入で改善しない場合はできるだけ早く内科を受診してください。重症で呼吸困難を起こした症例では気管挿管が必要になることもあります。

>>他の症状が気になる方はこちら

急性喉頭蓋炎

急性喉頭蓋炎はまれではありますが、急速に進行し命に関わる怖い病気です。男性に多く、特に50代に多くみられます。以前は小児に多くみられましたが、最近ではHibワクチンの接種により小児の急性喉頭蓋炎は減少しています。

窒息する可能性がある病気なので、強いのどの痛みに息が苦しさを伴う場合は、夜中でもすぐに耳鼻科、救急科を受診してください。

1.原因

原因として多いのはインフルエンザ菌b型(Hib)です。インフルンザ菌は、正確にはヘモフィルス・インフルエンザ桿菌(Haemophilus Influennzae)といいます。インフルエンザ菌とインフルエンザウイルスはまったくの別物です。間違えないようにしましょう。

2.症状

急性喉頭蓋炎は急速に発症し進行するのが特徴です。

声門上部・喉頭蓋に炎症が起き、腫れてきます。のどの痛み、発熱、ふくみ声などがみられ、激しいのどの痛みで物が飲み込めなくなることもあります。気道が狭くなってくると、声が出しにくくなり呼吸が苦しくなります。そして、気道が閉塞すると窒息状態に陥ってしまいます。

3.診断

急性喉頭蓋炎は首のレントゲン写真や内視鏡で診断します。

レントゲン写真では側面像で喉頭蓋が親指状に腫れているのが分かることがあります。これをサムサイン(thumb sign)と呼びます。親指サインのことです。

4.治療

呼吸の管理が重要です。気管内挿管や気管切開を行うこともあります。

原因はインフルエンザ菌なので、セフェム系抗生剤を投与します。

急性喉頭蓋炎は命に関わる救急疾患なので、すぐに耳鼻科を受診しましょう。診療時間外でも救急病院を受診してください。

>>他の症状が気になる方はこちら

マイコプラズマ感染症

発熱を伴う乾いた咳、発熱を伴わなくても非常に長引く咳はマイコプラズマ感染症の可能性があります。

通常の細菌性肺炎に比べると自然治癒率が高く予後も良いといわれていますが、小児ではときに髄膜炎や脳炎、ギランバレー症候群などの神経症状を合併し重篤になることがあるので注意が必要です。ちなみに有効なワクチンはありません。

1.原因

原因はマイコプラズマと呼ばれる特殊な細菌の感染です。通常の細菌には細胞壁がありますが、マイコプラズマには細胞壁がなく細胞質のみで外界と接するという特殊な性質をもっています。細胞壁がないので、細菌の細胞壁を攻撃する抗生剤はマイコプラズマには効果がありません

咳などの症状を引き起こすものは肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニア Mycoplasma pneumonia)と呼ばれています。肺炎マイコプラズマの感染では、主に免疫応答の結果として症状が起こります。

2.感染経路

マイコプラズマの感染経路は、飛沫感染と接触感染です。

飛沫感染:くしゃみや咳によって口から飛び出す飛沫には病原体が混入しています。この病原体付きの飛沫が他人の口や鼻の粘膜に到達することで感染が成立します。

接触感染:感染者との直接的な接触や、病原体の付着した物(手すりやドアノブ、ボタン・スイッチなど)を介しての接触により感染が起こります。

3.症状

2,3週間の潜伏期間を経て、発熱や頭痛、咳などの症状で発症します。最終的には肺炎にまで発展するので要注意です。

マイコプラズマ感染症では肺炎以外の、いわゆる肺外病変が重要です。髄膜炎・脳炎・ギランバレー症候群などの神経学的な合併症や、心筋炎・心膜炎などの循環器合併症などを引き起こす可能性があります。

ウイルスや細菌による上気道・下気道感染症の症状と区別がつかないので、咳が長引いたり、肺外病変が出現したりして初めてマイコプラズマ感染症が疑われます。

4.治療

細胞壁がないのでペニシリン系やセフェム系抗生剤は無効です。基本的にはタンパク合成阻害薬であるマクロライド系やニューキノロン系、テトラサイクリン系抗生剤が使用されます。テトラサイクリン系は、小児では歯の着色という副作用が出るため使用を避ける必要があります。

咳が非常に長く続くなど、普通の咳ではないと思ったら早めに内科を受診しましょう。比較的予後は良好な病気ですが、ときに神経系や心臓の合併症を起こすことがあるので注意が必要です。

>>他の症状が気になる方はこちら

百日咳

百日咳は咳発作を特徴とする急性気道感染症です。あらゆる世代で発症しますが、特に乳児に多くみられます。最近は、乳幼児期に受けた予防接種の効果が弱まった成人の感染が増えてきています。

学校保健安全法では第2種に定められており、特有の咳が消失するまで、または5日間の適正な抗生剤による治療が終了するまで登校禁止です。

1.原因

百日咳の原因は百日咳菌です。百日咳菌はグラム陰性の桿菌で、偏性好気性で鞭毛がなく運動しない細菌です。

百日咳の発症機序は現在でも不明です。諸説ありますが、百日咳菌が持つ毒素など、さまざまな因子が発症に関わっているという説が有力です。

2.感染経路

百日咳の感染経路は飛沫感染と接触感染です。

飛沫感染:くしゃみや咳によって口から飛び出す飛沫には細菌が混入しています。このウイルス付きの飛沫が他人の口や鼻の粘膜に到達することで感染が成立します。

接触感染:感染者との直接的な接触や、細菌の付着した物(手すりやドアノブ、ボタン・スイッチなど)を介しての接触により感染が起こります。

3.症状

通常1週間の潜伏期間を経て発症します。かぜのような症状に続いて、顔を真っ赤にして咳き込むようになるのが特徴です。発熱はほとんどみられません。

百日咳の臨床症状はカタル期、痙咳期、回復期の大きく3つに分けられ、それぞれが2週間近く続きます。

カタル期:かぜの症状が起こり、咳が徐々に激しくなります。咳は通常のかぜでも見られる症状なので、間違えやすく注意が必要です。

痙咳期:だんだんと息を詰めるような咳になっていきます。短い咳を連続で起こし、その後に息を吸うときに笛のようなヒューという吸気音が出ます。このような咳発作を繰り返すことが特徴で、この繰り返しをレプリーゼといいます。レプリーゼは夜間に多く見られます。

回復期:発作性の咳は徐々になくなっていきます。ここまで来ると、あとは自然に軽快していきます。ただし、忘れた頃に再度発作性の咳が出ることがあるので注意が必要です。

基本的には3か月くらいで治癒します。

かぜを引いて咳が長引いたり、発作性の咳が見られたりする場合は、早めに内科を受診しましょう。

4.治療

百日咳菌に対しては、基本的にはマクロライド系の抗生剤を使用します。特に初期のカタル期に服用すると効果的です。

痙咳期に入ってからの抗生剤治療は、症状の改善効果は低いものの、周囲への感染を防ぐために欠かせません。

痙咳期には、抗生剤のほかに対症療法として鎮咳去痰薬なども使用されます。重症例ではガンマグロブリン大量療法が行われることがあります。

5.予防

百日咳菌の予防にはワクチンが有効です。混合ワクチンです。

1968年から三種混合(DPT)ワクチンが使われてきましたが、2012年からは不活化ポリオを追加した四種混合ワクチン (DPT- IPV)が導入されています。計4回の接種が必要です。

ちなみに、DはDiphtheria toxinの頭文字でジフテリア毒素を意味します。Pは無菌性百日咳ワクチンを表すacellular pertussis vaccineの真ん中の文字から取っています。Tは破傷風菌を表す学名のClostridium tetaniの最後の文字を取っています。IPVとはInactivated poliovirus vaccineの略であり、不活化ポリオワクチンを意味します。

>>他の症状が気になる方はこちら

心不全

心臓は全身に血液を送るポンプの役割を果たしていますが、何らかの理由により全身に必要量の血液を送り込めず症状が生じた状態を心不全といいます。心不全でも咳や痰が出ることがあります。急速に病状が進行する場合もあるため、緊急の治療が必要です。

1.原因

肺や全身のうっ血(血液が滞ること)が症状の主な原因です。心筋梗塞などの虚血性心疾患や不整脈、心筋症、弁膜症など心臓に基礎疾患がある人に生じることが多いです。

2.症状

肺のうっ血では労作時の息切れや夜間の咳や痰、呼吸困難が起こります。痰は泡状で、ピンク色になることもあります。また起坐呼吸といって、寝た状態よりも上半身を起こした状態のほうが呼吸は楽になります。進行するとゼーゼーという喘鳴を伴う呼吸がみられるようになり、心臓喘息と呼ばれています。

全身のうっ血では足のむくみが起こります。

3.治療

入院にて緊急の酸素投与や非侵襲的呼吸管理、血管拡張薬、利尿薬の投与などの治療が行われます。

呼吸が苦しくなった場合はできるだけ早く内科を受診してください。命に関わるので、早期に治療を開始することが重要です。

>>他の症状が気になる方はこちら

肺結核

肺結核は結核菌によって引き起こされる感染症です。昔の病気と思われがちですが、近年でも特に若年者の集団感染が報告されています。

適切な治療がなされないと5年以内に半数以上が死亡するといわれる非常に怖い病気です。

1.原因

肺結核の原因は結核菌と呼ばれる抗酸菌です。排菌患者の咳やくしゃみに含まれる飛沫核を吸入することで感染します(空気感染)。

2.症状

初期の症状はさまざまで、微熱や寝汗、食欲不振、体重減少、倦怠感などが生じます。次第に咳や膿性痰が出るようになり、ときに胸痛や血痰もみられます。

咳が3週間以上続く場合は結核の可能性も考える必要があります。

3.治療

肺結核の治療には3剤から4剤の併用療法が行われています。薬剤としてはエタンブトール、イソニアジド、リファンピシン、ビラジナミド、ストレプトマイシンが用いられます。抗酸菌は薬剤が効きにくいため、半年から1年近くに及ぶ長期の治療が必要です。

治療しないと命に関わるだけでなく、周囲にどんどん感染を拡大してしまう恐ろしい病気です。咳が長引く場合は必ず内科を受診してください。早期発見・早期治療が重要です。

>>他の症状が気になる方はこちら

症状の緊急性を判定する

症状を選択してください。

to top

いますぐ病院に行くべき?30秒緊急度判定