目が疲れる原因は?よくある病気とは|どこでもドクター

ヒッポくん
時計

当サイトは医師法・医療法に準拠しています

緊急性のチェック中

目が疲れる。この症状で困っている方は非常に多いのではないでしょうか。

眼精疲労がんせいひろうとは目や全身の異常で引き起こされる目の疲れで、目の痛みや頭痛などの症状を伴います。

眼精疲労の原因としては、屈折異常や老視、眼位・眼筋異常、ドライアイなどがあります。また、最近増加しているVDT症候群でも眼精疲労が起こります。

ここでは眼科外来でよく遭遇する以下の病気について見ていきます。

屈折異常

眼精疲労の原因で多いのは屈折異常と老視です。屈折異常には近視、遠視、乱視があります。

屈折異常により物がはっきり見えないために目が疲れてしまうのです。

無調節の状態で焦点が網膜より前にあるものを近視、後ろにあるものを遠視といいます。

乱視とは、角膜や水晶体が球ではなく歪んだ状態にあるため,目に入った光が網膜の一点に集まらない状態です。

1.原因

近視や遠視、乱視がある場合に無理に裸眼で物を見ていたり、眼鏡やコンタクトレンズが目に合っていなかったりすると、ピント調節の役割を持つ毛様体筋に負担がかかり、目が疲れる、目が重いといった症状が出てきます。

2.治療

屈折異常の治療の基本は眼鏡やコンタクトレンズで矯正することです。自分の目の度数に合った眼鏡やコンタクトレンズを使用することが大切です。

左右の目の度数に差がある場合や、強い近視や乱視がある場合は、眼鏡よりもコンタクトレンズを使った方がいいこともあります。

>>他の症状が気になる方はこちら

老視ろうし老眼ろうがん

正式には老眼ではなく、老視といいます。40歳以降であれば、目の疲れやかすみは老視の症状かもしれません。

1.原因

年をとると、水晶体すいしょうたいの弾性低下と水晶体の厚さを調節する毛様体筋もうようたいきんの機能低下がおき、ピントを調節する機能が徐々に衰えてきます。このため近くの物にピントを合わせづらくなり、見えにくくなってきます。この状態を老視といいます。

2.治療

老視の症状が出てきた場合は、テレビやパソコンの画面など見たい物の距離に合わせて眼鏡を作り、使い分けましょう。老眼鏡と呼ばれるものです。

目の筋肉をほぐして血流を良くするために目を温めたり、ビタミンの点眼や内服を行ったりすることもあります。

>>他の症状が気になる方はこちら

眼位がんい眼筋がんきん異常

斜視しゃし斜位しゃいも眼精疲労の原因になります。斜視は見た目ですぐに分かりますが、斜位はなかなか発見しにくいので注意が必要です。

日常診療でよく遭遇するのが調節性内斜視、間欠性外斜視による眼精疲労です。

1.調節性内斜視ちょうせつせいないしゃし

調節性内斜視は、遠視のある目で物をしっかり見ようとしたときに、調節性輻輳ふくそうが働き内斜視になってしまうことです。中等度以上の遠視で起こり、眼精疲労の原因になります。1歳半頃からみられてきます。

治療の基本は眼鏡で遠視を矯正することです。 それでも斜視が残る場合はその分を手術で治します。

2.間欠性外斜視かんけつせいがいしゃし

間欠性外斜視は、普段は正位でも疲れたときやぼーとしたときなどに外斜視になるものです。間欠性外斜視では正位に戻そうとすると、輻輳と調節により眼精疲労が起こります。さらに、調節により近視になる斜位近視も起こり、これも眼精疲労の原因になります。

外斜視になることが多く、眼精疲労で日常生活に支障が出る場合は手術を行います。見た目を気にして手術を希望する方にも行うことがあります。

>>他の症状が気になる方はこちら

ドライアイ

ドライアイは涙液減少型と蒸発亢進型に大きく分けられます。つまり涙の量が少ない人と、涙の量は正常でも涙の蒸発がとても早い人がいるということです。もちろんこの両方の混合型の方もいます。

ドライアイでは目が乾く、目がゴロゴロするといった症状だけでなく、眼精疲労も起こります。

1.原因

涙の大部分は目の外側斜め上にある涙腺という組織で作られ、まばたきによって目の表面に広がっていきます。この涙の量が減少したり、涙の質が悪くなって蒸発しやすくなったりすることでドライアイになります。

加齢やシェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群などの病気だけでなく、乾燥した環境やコンタクトレンズ装用、スマートフォンやパソコンの使用も原因になります。また最近ではLASIKを受けた後に一時的にドライアイになることも知られています。

2.治療

ドライアイの治療は目薬の使用が中心になります。主に使用されるのは、ヒアルロン酸ナトリウムを含む点眼薬と人工涙液です。ヒアルロン酸ナトリウム製剤で目の表面を保護、保湿し、人工涙液で不足した涙を補います。近年ではその他に、ムチンや水分の分泌を促進する点眼薬(ジクアホソルナトリウム)、ムチンを産生する点眼薬(レパミピド)も用いられています。

点眼薬以外では涙点プラグという治療があります。特に点眼薬で効果が不十分な場合や、重症のドライアイの患者さんに行われています。涙の出口である涙点に涙点プラグと呼ばれるシリコンの栓をして、目に涙を溜める方法です。プラグは簡単に挿入でき、外すこともできます。涙点にコラーゲンを注入して塞ぐ方法もありますが効果は一時的です。

>>他の症状が気になる方はこちら

VDT症候群

VDTとはVisual Display Terminalsの略で、パソコンのディスプレイやテレビ、スマートフォン、ポータブルゲームなど、表示画面を持った情報端末のことです。これらを使ったVDT作業がさまざまな症状を引き起こすことが知られています。VDT症候群はこのVDT作業によって引き起こされる、体や精神に起こる症状の総称です。

目に起こる症状としては眼精疲労やドライアイがあり、IT眼症とも呼ばれます。

1.原因

VDT作業の時間が長くなると、目のピント調節を行う毛様体筋という筋肉に負担がかかり、眼精疲労が起こります。

また、パソコンやスマートフォンのディスプレイを見ている間は、無意識のうちにまばたきの回数は減少しています。まばたきが減ると涙の蒸発が増え、涙が目の表面に行き渡らなくなり、ドライアイになります。ドライアイでは目が乾くという症状の他に、目がゴロゴロする、目がしょぼしょぼする、目がかすんでぼやける、などの症状が起こります。

2.治療

VDT症候群を予防するには、適切に休憩をとることが一番重要です。連続作業時間が長くなればなるほど症状も強くなるといわれています。できれば1時間毎に5~10分の休憩をとりましょう。

ドライアイ症状を和らげるには点眼薬が有効です。主に人工涙液やヒアルロン酸ナトリウムを含む点眼薬が使われています。

その他、以下の点にも気を付けてください。

眼鏡やコンタクトレンズなどは度数の合ったものを使用しましょう。特に中年以降は老視を考慮しなければなりません。ただし、コンタクトレンズは眼精疲労やドライアイの原因にもなりうるので注意が必要です。眼科で自分の目に合った適切なものを購入してください。

目とパソコンのディスプレイとの距離は40cm以上離してください。ディスプレイが2つ以上ある場合、目との距離を一定に保てるように配置しましょう。

ディスプレイを置く高さにも注目しましょう。まっすぐに物を見るときと比べ、下を見るときでは上まぶたが少し下がるため、目の露出面積が減少します。すると涙の蒸発量が減少し、目が乾きにくくなります。そのため、ディスプレイは目の高さよりやや下になるように机やイスの高さを調整することが大切です。

部屋の照度や湿度を調整したり、エアコンの風が直接顔に当たらないようにしたりして、作業環境を整えましょう。

>>他の症状が気になる方はこちら

症状の緊急性を判定する

症状を選択してください。

to top

いますぐ病院に行くべき?30秒緊急度判定